menu
えほん制作日記 選考会のようす
皆さまからの“たいせつなこと。”「くらしえほんキャンペーン2016」の入賞3作品が決定しました。
2016年12月に「くらしえほん」事務局スタッフによる
1次〜2次選考を経て、最終8作品まで選出しました。

今年は、今まで以上に学生の方や男性からのご応募も多く、
多岐に渡るエピソードをお寄せいただきました。

ご家族やご友人との日常や、見知らぬ方とのあたたかい交流、
どのエピソードも、心に温かく届く想い出ばかりでした。
本当にありがとうございました!

最終選考では総勢1,400名を超える
クラシエ社員とたんぽぽメンバーの皆さまの投票により、
今年も3つの優秀賞作品が決定しました。
受賞者インタビュー
3名の受賞者の方にえほん制作スタッフがお伺い。お寄せいただいたエピソードについてインタビューさせていただきました。
原作者 たけもりなお さん
原作者 たけもりなお さん
最近世の中で話題になることが多い“マタニティマーク”ですが、こんなにも心温まる交流がうまれるんだなぁ・・と、聞いている私たちまで幸せな気持ちにさせてくれました。

“最後の出勤日に会えないかもとおもって、数日前にきちんとお礼は伝えたのですが、やはり最終日会えなくて心残りがありますね・・”とお話になるたけもりなおさん。お腹にいた赤ちゃんがめぐり合わせてくれたのかな?と思う、素敵なご縁ですね。

舞台は、映画や本でも有名なあの「阪急電車」。ぜひ、またおじさんと出会ってほしいなと思いながら岐路についたスタッフでした。
原作者 もりりな さん
原作者 もりりな さん
もう小学校高学年のひびきくんが、まだ年少さんの頃のお話。
お誕生会に呼ばれて、ママの好きなところを園児が発表していく中で、“きっと隣の子たちと同じようなことを言うのだろうな〜”と考えていたもりりなさんは、ひびきくんの言葉にとても驚き、感動されたそうです。思わず涙ぐんでしまいそうでした。

このエピソードは、園長先生もまだ覚えてくれているくらい、特別な出来事だったとのこと。当時の担任の先生はお辞めになってしまっているけど、ぜひ絵本届けたいですと笑顔でおっしゃるもりりなさんに、私たちも思わず笑顔になる・・そんなひと時となりました。
原作者 松本俊彦 さん
原作者 松本俊彦 さん
子どもらしい柔軟でかわいらしい発想がすてきなエピソードは、長女のまみさんが5〜6歳のときのお話。「“ふたりの”と書かれたボールを見つけたとき、夫婦で『うまいこと言うな〜』と感心していました」と、松本さん。
ここに登場するボールは、今でもご家族の間では「ふたりのボール」と呼んでいて、ご家族4人のたいせつな思い出だそうです。

受賞を、奥様と2人のお子さんにお伝えしたところ、今では松本さんよりも絵本の完成を心待ちにしてくださっているそうです。プレッシャーを感じつつ、出来上がった絵本をお届けするのが今からたのしみです。
くらしえほん2015 制作日記
くらしえほん2014 制作日記
2016年12月に「くらしえほん」事務局スタッフによる1次〜2次選考を経て、最終8作品まで選出しました。

今年は、今まで以上に学生の方や男性からのご応募も多く、多岐に渡るエピソードをお寄せいただきました。

ご家族やご友人との日常や、見知らぬ方とのあたたかい交流、どのエピソードも、心に温かく届く想い出ばかりでした。本当にありがとうございました!

最終選考では総勢1,400名を超えるクラシエ社員とたんぽぽメンバーの皆さまの投票により、今年も3つの優秀賞作品が決定しました
最近世の中で話題になることが多い“マタニティマーク”ですが、こんなにも心温まる交流がうまれるんだなぁ・・と、聞いている私たちまで幸せな気持ちにさせてくれました。

“最後の出勤日に会えないかもとおもって、数日前にきちんとお礼は伝えたのですが、やはり最終日会えなくて心残りがありますね・・”とお話になるたけもりなおさん。お腹にいた赤ちゃんがめぐり合わせてくれたのかな?と思う、素敵なご縁ですね。

舞台は、映画や本でも有名なあの「阪急電車」。ぜひ、またおじさんと出会ってほしいなと思いながら岐路についたスタッフでした。
もう小学校高学年のひびきくんが、まだ年少さんの頃のお話。
お誕生会に呼ばれて、ママの好きなところを園児が発表していく中で、“きっと隣の子たちと同じようなことを言うのだろうな〜”と考えていたもりりなさんは、ひびきくんの言葉にとても驚き、感動されたそうです。思わず涙ぐんでしまいそうでした。

このエピソードは、園長先生もまだ覚えてくれているくらい、特別な出来事だったとのこと。当時の担任の先生はお辞めになってしまっているけど、ぜひ絵本届けたいですと笑顔でおっしゃるもりりなさんに、私たちも思わず笑顔になる・・そんなひと時となりました。
子どもらしい柔軟でかわいらしい発想がすてきなエピソードは、長女のまみさんが5〜6歳のときのお話。「“ふたりの”と書かれたボールを見つけたとき、夫婦で『うまいこと言うな〜』と感心していました」と、松本さん。
ここに登場するボールは、今でもご家族の間では「ふたりのボール」と呼んでいて、ご家族4人のたいせつな思い出だそうです。

受賞を、奥様と2人のお子さんにお伝えしたところ、今では松本さんよりも絵本の完成を心待ちにしてくださっているそうです。プレッシャーを感じつつ、出来上がった絵本をお届けするのが今からたのしみです。